応用地質株式会社 情報システム事業部 ジオクラウド部

GeoPro_SRT II、III、IV、Ⅴ/CALS

No 質問区分 製品Ver 質問内容
1 操作/質問 III 応力範囲とは?
2 操作/質問 III 原位置試験情報がXMLに出力されません。
3 操作/質問 III 三軸試験結果シートなどを印刷できませんか?
4 操作/質問 III 土質試験一覧表を作成するのに必要なデータのみ入力した状態で、電子データ化は可能ですか?
5 操作/質問 電子納品データを作成すると、標高基準(APなど)が入力した値ではなくTP(東京ペール)で作成されてしまいます。

No.1

Q 応力範囲とは?
A 載荷応力範囲のことです。

No.2

Q 原位置試験情報がXMLに出力されません。
A Boring_Jr IIIで「試料採取結果」の入力をおこなってください。

No.3

Q 三軸試験結果シートなどを印刷できませんか?
A 申し訳ございませんが、今のところ対応予定はございません。

No.4

Q 土質試験一覧表を作成するのに必要なデータのみ入力した状態で、電子データ化は可能ですか?
A 可能です。

No.5

Q 電子納品データを作成すると、標高基準(APなど)が入力した値ではなくTP(東京ペール)で作成されてしまいます。
A 地質・土質調査成果電子納品要領の規定により、TPで電子納品データが作成されます。電子納品データ作成を目的に弊社製品をご利用する際は、標高基準はTPを選択し標高の値はTPを基準に登録して下さい。

お問い合わせ

  • 03-3868-2586
  • 03-3868-2675
(月~金 9:00~17:00)